FC2PPV-2805633 【顔出し・無修正】個数限定!!「こんな事絶対にいわないで下さい...」


 
日期 : 2022/04/16

ある日彼女から連絡がきた。
色々と諸事情を抱える彼女の事。
通知を開く前からまた何かあったのかな・・・と大体の想像はついた。
とんとん拍子に話は進み、後日彼女の地元の方で待ち合わせをして会う約束をした。
待ち合わせの駅で僕を松彼女。 僕を見つけ手を振ってきた。 相変わらず物静かで控えめな雰囲気で優しく僕に接してくれる。 従順で人の良さが滲み出ている容姿端麗な彼女。 せっかく彼女の地元に遊びにきたので、その辺を彼女に案内してもらう事に。 少し歩くと小さな動物園があると言うのでそこに行く事にした。 可愛い動物たちと触れ合って心が満たされそして癒された。 小さな動物園を後にし 彼女が昔よく歩いたという田んぼ道を一緒に歩いた。 どこまでも続く様な田園地帯をゆっくり2人で歩き彼女の昔話を聞いていた。 そんな話を聞きながら彼女を見ると なんとも言えない哀愁漂う雰囲気と夕暮れ時がとてもいい雰囲気だった。 そして彼女と・・・ ソファーに座る彼女はまだ少し緊張しているようだ。 彼女の隣に座ると、僕に優しく微笑んでくれる。 僕は彼女の魅惑的な唇にそっとキスをした。 自然に彼女の豊かなふくらみに僕の手が伸びる。 ニットをめくると彼女の白い肌とEcupが僕の眼に飛び込んでくる。 僕は下着をずらし、彼女の敏感な突起を指で弄と 呼吸を荒くしながら、柔らかな吐息が彼女の口から洩れる。 彼女の服を脱ぐ様に指示をした。 従順に従う彼女。 光る体が綺麗だった。 緊張がほぐれた彼女の女性器は、泉が湧き出るように湿っている。 舌で刺激すると、彼女は快楽と羞恥心の狭間にいるようだ。 やがて恥ずかしがっていた姿は薄れ、下半身に感じる刺激に素直に反応している。 指で女性器を刺激していると、彼女の手が男性器へと伸びている。 僕はそのまま彼女に奉仕続けさせた。 唇で乳首を音を立てながら刺激し、僕の眼を見ながら舌先をちろちろと動かしている。 清楚な女性のこの淫らな姿はたまらない・・・。


Movie   StreamSB  




 

Ads

Ads J

Ads

Ads J

Ads

Ads E2